戸馳島

聞こえてますか?
時にはvocalist時にはengineer
はたまた流離いのganbler。
そんな女性の仲間が出来ました。
カサゴのchorusも快く
引き受けてくれた彼女の声は、
とても新鮮で魅力的なものでした。
耳に心地よく引っかかり
自然体で程よく力の抜けた歌声は、
鼻唄を口遊んだあの頃を
思い出させてくれます。
天草の玄関口。
宇土半島のつま先から
ちょこっと離れた戸馳島。
その一番高い場所に小学校があり、
子供の足で片道一時間の距離。
下り坂の帰り道は、少し楽だけれど
それでも子供心に
「だぁりぃ~」そう感じていました。
そんな毎日の中で
あっちの山道こっちの砂利道と
早道を探すのですが、結局
正規ルートが一番だと
思い知らされる事になります。
諦めた僕が次に考えたのは、
遊んで帰る方法でした。
秘密の基地を造ったり
鳥捕り(バッタリ)を仕掛けたり
したけれど、長くは続きません。
クワガタやカブト虫にも飽きた頃
僕は、鼻唄の楽しさに気付きます。
雨の日のハミング
晴れの日のファルセット
台風の日のシャウト
ただ何となく口遊むだけで、
その時を豊なものにしてくれました。
僕の歌のはじまりは、
退屈な学校の帰り道でした。
島と仲間に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です