親子

聞こえてますか?
あなたには、
耳の痛い話ですね。
とある番組の収録で
それを取り仕切る彼が、
我が子の話をしてくれました。
「息子に負けた」
手探りの作業、
束の間の小休止。
気を使いながらも話を
続けてくれます。
二人で競争した全力疾走。
体力は下降線、
上昇する気持ちだけは
負けん気。
経験のない僕にも
伝わるものがありました。
ラグビーに打ち込んだ
彼が語るそれは、
スポーツを通した
息子への愛そのものでした。
まだ見ぬ世界に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です