大五郎 一話

聞こえてますか?

僕たち家族は、
彼の事を大五郎と
呼んでいましたね。
落ち着きの
なかった幼少期。
手の焼ける僕を
玄関先に紐で
括っていたあなたは、
大五郎のおかげで
助かったと
後に語っていました。
新しい家族の一員と
なったシェパード犬
と共に僕らは、
成長して行きました。
時代劇のキャラクター
から名付けられた
大五郎。3才になった
ばかりの僕に、
はじめての友達が
出来ました…続く。

はじめての友達に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です