大五郎 三話

聞こえてますか?
昨日の続き…。
そんなある日のこと。
寝耳に水な事件が、
僕と大五郎の身に
降りかかるのでした。
それは、自然なものではなく
明らかに人工的な
犯罪と呼ぶべき出来事でした。
いつものように
彼と海遊びをしていると
仕事から帰った
あの男が、近づいて来ます。
僕らの親父でした…続く。

大五郎の忠義に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です