男女7人高円寺(全10ノ最終話)

聞こえてますか?
昨日の続き…。
就職組の彼が、
同級生が集まる中で
仕事を辞めると言った
ことから始まります。

いつもひょげ倒す彼が
この時ばかりは、
深妙な面持ちで
絞り出すような声で
言いました。
空回りの男
「おら〜しごつば やむっ
どがん したっちゃー
大学出にかたん」
翻訳
(俺は仕事を辞めるよ。
このままでは、大学出身者に
どうしても勝てないよ)
空回りの男
「だけん おら〜新聞配達
してでん大学受験すっ」
翻訳
(だから俺は、新聞配達
してでも大学受験するよ)
それは、六畳一間の
高円寺のアパートで発した
彼の決意表明でした。
一瞬 静止画にノイズが
走る感覚に囚われます。
彼の決意は、到底
報われることのない
無謀なものでした。

スポンサーもなく
新聞配達の稼ぎだけで
どれだけやれるのか。
生活 試験 その後の学費
親への仕送りは…。
同級生たちは、
各々反対の声を上げます。
東京での一万円は、
熊本のそれとは
決して比例しない。
同じ通貨でも
なくなるスピードが
地方によって違うことを
僕らは、肌で感じて
いたからです。
その上 肝心要の受験勉強の
時間はどうするのか。
課題は山積み…。
再就職でさえ大変な時代に
無理もありません。
彼を思っての反対でした。
だけれど、
僕は賛成に回りました。
なぜなら、
彼が抱く東京への
コンプレックスがそこに
あるような気がしたからです。
何より、そんな生き方が
好きでした。

彼のガマダシ(頑張り)は、
他に類を見ないものでした。
怒濤のような
不安と困難の中で
いつ勉強をしているの
だろうと思うくらい
彼は働きました。
いつ寝ているのか
分からなくなるくらい
学業に励んだ彼の姿を
僕らは見ていました。

それから二年。
朝夕の新聞配達 受験勉強を
やり抜いた彼は、見事
大学に受かって見せました。
僕は、感動しました。
心から凄いと思いました。

2016年 熊本で行われた
同窓会LIVEの段取りも
彼の計らいから
はじまりました。
「空回りの男」は絶好調!
みんなを喜ばせようと
ひょげ倒します。
失笑です。愚かです。迷惑です。
相変わらず
彼のハートは強く
そして、
尊いものでした…完。

PS
花の男へ
お袋に蘭の花をありがとう。
優しい大学生へ
あの日 駆けつけてくれて
ありがとう。
りぃー子へ
7.21のLIVEに来てくれて
ありがとう。
空回りの男へ あの日
泣いてくれてありがとう。
優しい声の人と厄介な彼女は、
幸せな家庭を築いて
いると聞いています。
いつか、会える日を願い
男女7人の高円寺に感謝して
また、明日。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です