【熱唱時代~小学校編】「二学期」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
今日は気分が乗らないと思えば、
授業を中断して
大好きな歌謡大会を
始めたりします。
本来彼が立つ筈の教壇に
僕らを指名して歌わせるのです。
生徒が歌い終わると、
ニヤリとその口髭をVの字に曲げて
「オォ~レンジのぉ〜」と
鼻歌を一節。
何とも不思議で掴み所のない
変な先生であるのです。

谷吉どんがいうところの
歌謡大会とは、
1970年から1980年代にかけての
歌謡曲をさしていました。
その当時の日本の音楽シーンは、
夜のヒットスタジオや
ザ・ベストテンなどの音楽番組が
お茶の間を賑わしていた時代で
放送日の翌日には、
その話題で持ちきりになる
ほどの人気でありました。
寺尾聰の♪ルビーの指輪
もんた&ブラザーズの
♪ダンスシング・オールナイト
ジュリーのTOKIO!
この章タイトル熱唱時代ならぬ
本家「熱中時代」の主題歌は、
原田潤が歌う
♪僕の先生はフィーバー
刑事編では水谷豊自ら歌った
♪カリフォルニアコネクション
昭和の名曲の数々です。

谷吉どんは、そんな歌謡ショーを
再現するかのように
木造二階建ての
使い古された教壇を
ヒットスタジオへと変えました。
田原俊彦の♪哀愁デート
松田聖子の♪青い珊瑚礁などの
ヒット曲をみなが歌う中
僕は、岸田敏志の「君の朝」
を選曲します。
少し地味だけれど
憂いのある楽曲が
僕の好みでした。
何よりその唄のサビが
お気に入りでありました。
♪モーニング モーニング
君の朝だよ
モーニング モーニング
君の朝だよ
そんな生徒たちの唄を聴きながら
谷吉どんは、満足そうに
煙草に火を付けて
「オォ~レンジのぉ〜」と一節
鼻歌を口遊ぶのでした…続く。

色褪せない歌に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です