熱唱時代~小学校編「卒業」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
後に彼は、
何処かへ転任してしまいます。
彼と過ごしたのは、
小学四年生の
僅か一年間のことでした。

2015年 東京。
「オォ~レンジのぉ〜」
点けっぱなしのテレビから
懐かしいメロディーが
聴こえました…。

その時の僕は、
新しいALBUM制作のため
頭の中の少ない
皺というシワを総動員して
制作にあたっていました。
コーラスアレンジに
煮詰まった僕は、
テレビを点けて
洗濯機のある庭へと出たのです。
三種の神器から数えて何年に
なるのでしょう。
全自動で脱水までを終えた
洗濯物を取り込んでいる時に
それは聴こえました。

♪オォ~レンジのぉ〜
聞覚えのあるフレーズです。
洗濯物もそのままに
僕は部屋へと戻ります。
思い出すのに
そう時間はいりませんでした。
二番のサビが流れます。
確かにあの鼻歌に似ています。
だけどメロディーラインが
少し違っているようです。
キーも谷吉どんが歌う
それとはかけ離れています。

あれから三十年、
あの鼻歌が昭和の御三家と
言われた歌手の唄だった
事を知ります。
谷吉どんは、
♪オレンジの雨という
曲を元に自分なりに
アレンジしていました。
道理で今の今まで
気づかない筈です。
これで合点がいきました。

だけれど、
僕にとってのオリジナルは
野口五郎ではありません。
譜割りも違えばキーさえ違う
そんな調子を外した
谷吉どんが歌う♪オレンジの雨
でありました…おしまい。

恩師に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です