Jazz drummer Csen〜ツェーセン

聞こえてますか?
「先に行っているから
後で来いよ」
彼はそう言い残して
メジャーの世界に行きました。

新宿CLUBのバンドマンとして
共に働いていた彼は、
音楽の先輩であり
歌手として駆け出しだった
僕を見守る兄のような
存在でもありました。
情熱的で繊細さを持ち合わせた
彼のdramは、
歌舞伎町の地下にあった
CLUBサブリナを魅了します。
お店の事情で制限された
音のボリューム。
だけれど、
彼が繰り出す音の数々を
抑えつけることなど出来ません。
ひとの心を揺さぶる音色は、
どんな場所であれFree!
なのでした。
彼のメジャーデビューのお祝いで
送り出した歌舞伎町の宴。
寂しさを感じつつも
早くその背中に続きたい…
そう強く心に誓ったのでした。

それから暫くして
僕も彼と同じ世界で
再会を果たすことになります。
その歌舞伎町の時代から
四年後のことでした…続く。

Jazz drummerに感謝して
また、明日。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です