汚れなき愛を信じて 7話 「船堀橋」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
その声を聴きながら…
その体温を感じながら…
ごくごく自然に…淡々と…
時は流れて行くのでした。

彼女のマンションは、
東京江戸川の船堀と
いう街にありました。
江東区と江戸川区を渡す橋
それが船堀橋であります。
0メートル地帯として知られる
その両側の河川敷周辺は、
満潮面になると3.5メートル
低い場所にあり
川の氾濫を防ぐために
スーパー堤防なるものが
建てられています。
互いの複雑な地形から
人工的に造られた坂の上に
その橋は架けられていました。

僕が住む百草高台
その聖蹟桜ヶ丘との往来には、
欠かせない橋であったのです。
何よりそこから見える景色と
吹き抜ける風が好きでした。

坂道をのぼり出す頃に
彼女は手回しでドイツ車とは
名ばかりの車の窓を開けました。
東京湾に近いそこは、
海風がよく通り
潮の香りと夏の到来を
教えてくれたりもします。
僕も同じように
その草臥れた
車の窓を開けました。
そこから見えるものは、
空を切り取るビルの影ではなく
どこまでも透き通った空と
海へと伸びる川の流れだけを
映し出していました。
島育ちの僕には、何処か
懐かしさを感じさせるものが
あったのかも知れません。

彼女は、
その風に手を翳しています。
それはとても眩しくて
美しい光景であるのでした…続く。

船堀橋の風に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です