汚れなき愛を信じて 9話 「プリンス・マンション」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
渡辺篤史の建もの探訪!
其れは其れは
素晴らしい建築物でありました。
彼女のマンションを見て
僕は面食らってしまうのでした。

セレブとは、いつの頃からの
言葉なのでしょう。
少なくとも10階以上ある
その構造物は、
その頃トレンディードラマが
流行していた時代で
その主人公が住むものに
よく似ていました。
何より一階に
コンビニエンス・ストアー
LAWSONがあるのです!
何と便利なのでしょう…。
見上げる彼女の部屋の窓は、
円形にカーブしており
しかも出窓であるのです。
そのアーチ型を考案した
設計者は大したものであります。
苦心して創り上げた
のであろうそれは、
その建築物の顔でありました。

タイルをあしらった
ビルの壁は、
♪パープルレインで知られる
USAシンガー・プリンスの
衣装のような紫色でありまして
船堀通りに面したそれは
車のヘッドライトライトに
反射して眩しく光っていました。
贅沢に何千枚も敷き詰められた
お風呂場で見られるそれは、
周りを見比べても
目を引くものでありました。

一言でいえば限りなく
垢抜けているのです。
未だ嘗てそんな家に住む人と
お知り合いになったことなど
ありませでした。
僕が住む百草高台の
屋根裏のあるアパートとは
天と地ほどの違いです。

一世を風靡したドラマ
北の国からの登場人物
純の台詞を借りるなら
「僕は、ドキドキしていた…」
でありました…続く。

初体験に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です