汚れなき愛を信じて 49話 「解離」中編

聞こえてますか?
昨日の続き…。
その虚ろな瞳は 、
何をしでかすか分からない
鋭さを隠し持っていて
また同じ分量の悲しみを
混ぜてもいました。
ジキルとハイドは、
誰の心にも存在する。

ジキルとハイドとは…。
ジキルが薬を飲む事によって
性格や容貌までもハイドと云う
人物に変化して行く
二重人格を題材にした
代表的な小説。

悲しい予感は、
何故に形となって
現れるのでしょう。
彼女は、酒に酔ってはいても
限りなく素面でした。
変身しているのは、
むしろ僕の方だったのかも
知れません。

彼女は、はじめて
父親の話に触れました。
咳を切ったように
喋りだしたそれは、
とても切ないものでした。
その瞳に浮かべたものは、
「憎悪」それ以外の何ものでも
なかったのです。

僕は気付いていました。
彼女が求めていたものを…。
そしてそれが、
僕にはどうすることも
出来ないということも…。
分かっていました。
父親の代わりなど
務まる筈の無いことを…。
優しくなろうとすれば
余計に反撥する彼女でしたから…。
それを欲している
彼女の悲しい瞳を
僕はいつの日からか
感じていました。
分かっていたのです。
到底僕なんか
遠く及ばないと云うことも…。
だけどこの関係を
壊したくは無かったし
何より彼女を独りには出来ない…。
だから…僕はっ!

彼女の想いと、その願いを
受け止める事さえ出来ない
僕は無力でした…。

時計の針は朝の5時を指しました。
互いに疲れ果て
罵る言葉にも尽きた頃
彼女は突発的な
最後の行動に出ました。
外に飛び出した
彼女を追いかける僕は、
完全に理性を失って
しまうのでした…続く。

汚れなきものに感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です