汚れなき愛を信じて 51話 「彼女から笑顔が消えた日」前編

昨日の続き…。
今 僕の胸に抱かれたひとは、
傷ついたひとりの幼い子どもで
父親の手の温もりを知らない
可哀な少女であったのでした。

もう彼女は、船堀橋の上で
車の窓を開けたりは
しませんでした。
吹き抜けるはずのその風は
途絶えてしまいました。
彼女から笑顔が消えました…。

心の中にしまって置いたものを
洗いざらい打ちあけた彼女は、
そんな自分が
許せないようでした。
それこそが、彼女を支えていた
強さ源泉(みなもと)で
あったからなのかも知れません。

【回想1】
父親の話は、
したがりませんでした。
僕もそれにさわることを
しなかったし
聞くつもりもありませんでした。
だけれど、
彼女は一度だけ
それに触れたことがあります。
咳を切ったように
話しだしたそれは、
今よりずっと先のことでした…。
12話「過去」より

【回想2】
悲しい瞳に隠され謎…。
彼女の瞳は、僕の腕を縛り
その声は、
僕に足枷を嵌めました。
僕は諦めにも似た気持ちで
その入り口の鍵を手にしました。
そして、嘲笑うかのように
差し出された台帳に
執着という烙印を押すのでした…。
28話「足枷と烙印」より

【回想3】
その頃の僕はと云うと
完全に自分を見失い
彼女との接し方にも変化が
起こりはじめていました。
足が地面に着いていない
感覚に囚われ
歩く時の腕の振り具合さえ
とても不自然で
ぎこちないものでした。
まるで重たい鎧を
身に付けているかのように…。
39話「船堀橋大渋滞 中編 」より

無茶なことだとわかっていても
僕は彼女の願いを
追い続けました。
「虚勢」という鎧を身に纏い
鼻っからありはしない抱擁力を
あたかも備えているかのように…。
いつの日からか
僕も同じように彼女の父親の影を
探していたのです。
代わりなど務まりはしないのに…。
同じものを見ていたはずなのに
どうして僕らは、
すれ違ってしまうのでしょう…。
それを知り得るには、
彼女はまだ若く
そして僕はより子供でした…続く。

若き日に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です