聞こえてますか?アーカイブ 2018年4月12日木曜日 渋谷JZブラット ザ・ヒットパレーズLIVE記念♪ 「錦糸町」総集編 〆

聞こえてますか?
昨日の続き…。
彼は決して失敗に怒る人では
ありませんでした。
僕にそれ以上の事を
教えてくれようと
していたのかも知れません。
「その先にあるもの…」
あの頃を振り返る度に
そう思えてならないのです。

話は戻りGS-CLUB初期…。
バンドメンバーは、
鉄拳マミーの厳しい指導に耐え
漸く初日を迎えるのです。
一日8ステージの長丁場
演者スタッフ
一丸となったステージは
とても愉しいものでした。
何より純粋に音楽を聴きに来る
GSファンに喜びを
感じていました。
だけど、ただ一つ…。
馴染めなかったものがあります。
それは、衣装でした。

ザ・スパイダーズ ザ・タイガース
ザ・テンプターズ…。
往年スターの完全再現を
コンセプトとしたこの店の衣装も例外ではありません。
ミリィタリールックと呼ばれた
ファションにふりふりの付いた
ピンクのスパンコールで
歌い踊る事に少なからず
抵抗を感じていました。
だけれど、日を追うごとに
グループサウンズの
歴史や功績と遺産に触れ
僕は変わりはじめます。

そのピンクの衣装の裏側に
秘められた「剛 葛藤 奥深さ」
先駆者たる彼等がいたからこそ
今の日本の音楽シーンが
あるのだと心から思ったのです。
僕が着ていた物は、
只の衣装ではありません。
確かにそれは、勲章でした〆

音楽の先駆者に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です