for you…rain season 16話「ヤンキー」

 

聞こえてますか?
昨日の続き…。
そして、
マッシュルームのような
髪型をした彼らの
十八番と云えば
ナンパでありました。
熊本最大の歓楽街裏(うら)上通り
裏(うら)下通りで
揃えたブランドの服を着こなし
そのさらさらとした
前髪をなびかせて
さりげなく異性の懐深く
入り込む人種なのでありました。

古今東西 上方に置かれては、
裏原宿などに見られるように
この肥後の地であっても
例外ではありません。
裏(うら)と付くだけで
ちょっとお洒落な気がしている
愚かなセンスマン。
少しハスに構えた上から目線の
鼻持ちならないナンパ野郎!
なんぼのものなのでしょう…。

方や「ヤンキー」と云えば、
その様な物言い立ち振る舞いを
冷笑するかの如く
はたまたVSの構図を
明らかにするように
独自の言語を編み出し
上方の人 所謂センスマンに
対抗しておりました。

⚠️(ヤンキーが使う言葉)
*JR(旧国鉄)三角線に限る
「スッタ〜ン武者ん’よか」
「ご”ろっ武者ん’よか」
【翻訳】
「とても格好がいい」
ナンパ野郎(センスマン)は、
上記のような
言い回しを致しません。
たとえ真似をしたとしても
イントネーションが違うのです!
笑止!まがい物は所詮 偽物…。
眉唾なのであります。

裏(うら)通りなどを嫌う
我ら「ヤンキー」族は、
表通りを堂々と歩くのです。
サンロード新市街
なのであります。
そのカッチとした髪型は、
フランス航空で名を馳せた
コンコルドの如く前へ前へと
鋭くトンガっており
風になびく事などありません。
その生き様を表現する
かのように決してブレない
髪型なのであります。
そしてポマードを練り込んだ
それは、年配の大人の匂いを
彷彿させるものであり
それは正に
ひと昔前の仏映画スター
アラン・ドロン(風)の香り
なのでありました…続く。

リーゼントに感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です