for you…summer 33話「赤い口紅」

for you…summer
33話「赤い口紅」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
何気に漏れた一言なのに…。
女性の思考回路その仕組みに
舌を巻く他ありません。
手料理なんてもっての他…。
こうして一緒にいるだけで
充分であるのに…。
女というのは、男の他愛もない
軽口にも反応を示す
生き物なのかも知れません。

国道246号線から
渋谷駅前交差点Y字路を
道なりに右へ…。
名前の由来ともなった
その通り沿いに
上方随一とも呼び声の高い
お洒落な街があります。
当時、六本木ヒルズなどの
建築物は存在しておらず
ロアビルやアマンド前と云った
通り名がこの街の
象徴でありました。

Mの知り合いが、カフェを
オープンするとの一報に
開店祝いの大義名分を抱え
縄張りの三宿より
馳せ参じたふたり…。
三つ編みアフリカーナ
花の六本木デビューであります。

はじめて見る彼女のmake up…。
その唇に引かれた
「赤い口紅」は、溶錬な色気さえ
感じさせるもので
清楚を身に纏った
お嬢様はそこにはありません。
エリック・クラプトンの
♪wonderful tonightを
彷彿とさせるその
ドレスアップしたMの姿に
思わず息を呑むのでした。

それに比べて…。
いくら六本木仕様にしたとはいえ
アフリカーナのファッションは
如何せんこの街にも不具合で…。
キャンパスの上 つまりは
三原色を度外視した
僕の出で立ちは、
どうにもこうにも
溶け合いません。
Mと吊り合わない自分自身に
否応ない劣等感を
噛み締めるばかりでありました。

蛙の子は蛙。
やはり遺伝なので
ありましょうか?
あの頃が蘇ります…。

シルビヴィ・バルタンを
好んで聴いていたあなたは、
なんちゃってパリジェンヌ。
何処を真似て何を間違ったのか
何もそこまでしなくても!
と云うくらい塗り重ねた
白いキャンパスにあなたは、
ルージュを引きました。
まるで、
まんが日本昔ばなしに登場する
お公家さまのようです。
TPOを完全に度外視した
あなたの出で立ちは、
当時 お茶の間を賑わした
地球外生命体
エイリアンに違いないと
子供ながらに疑ったものでした…。
「畦道とハイヒール 」
episode2 告白〜より

完全に浮き捲くっている僕を
彼女はエスコートするように
慣れた手つきでopenしたばかりの
その扉を開けるのでした…続く。

素敵な夜に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です