for you…autumn 50話「そして、黄昏…」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
ちらほらと降りだした雨が
足元の階段に小さな波紋を作り
風に吹かれたそれが、
冷たく頬を伝うのです。
長い冬が、もうそこまで
来ているのでした。

江戸川のほとり。
川面に映る日差しは、
金と銀の折り紙を
散りばめたように
キラキラと輝いていました。

その日僕は、午前中から
レコード会社に持ち込むための
楽曲をカセットテープに
吹き込む作業に
あたっていました。
アナログとデジタルが
交差する90年時代 。
市販のCDラジカセで
カセットテープに変換する
単純作業。だけれど、
一曲五分弱としても
二曲1セットとするならば
それなりの根気と手間を
必要とします。
僕は、それを100個
揃えようとしていました。
でも、決して苦では
ありませんでした。
何かに没頭する時間を
欲していたのかも知れません。

そして、黄昏…。
川辺に建つ家の前で
ひとりの訪問者が
緑色のドアのベルを
鳴らしました。
僕は、作業を中断して
玄関に向かいそのドアを
開けるのです。

この季節特有の浅い日差しは、
役割を終えて西の彼方に
落ちかけていました。
そのやわらかな逆光の中に
Mの姿がありました。
その胸に買い物袋を抱えて…。
あの、命がけの階段から
一週間が過ぎて
いました…最終話へと続く。

その光と影に感謝して
また、明日。

“for you…autumn 50話「そして、黄昏…」” への2件の返信

    1. 聴いてくださり
      ありがとうございます。
      嬉しい言葉です。
      for you 次回で最終回となります。
      「月のあかり」どうぞ
      宜しくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です