男女7人高円寺 play back 5話「微笑みりぃ~子」

聞こえてますか?

昨日の続き…。
いつもぶつかってばかり…。
だけど、一番一緒にいたのは
彼女だったように思えます。
明るく振る舞ってはいても
手強い この東京の街に
中々馴染めない不安な彼女を
知っていたからです。
本当に甘えていたのは、
僕の方…だったのかも
知れません。

2017年 りぃ~子と愛称された
男女7人の一人に会いました。
就職で上京した彼女は、
7人の中のムードメーカー。
男たちのから騒ぎにも
いつもニコニコで対応してくれる
微笑みの人でありました。

あれから、
二十数年ぶり再会
話題に尽きる事はありません。
とても、愉しい時間を
過ごす事が出来ました。
自ずとあの頃が蘇ります。

りぃ~子が言いました。
「あんたたち よぉ~
喧嘩しょったね〜」
【翻訳】
*あなた達 よく 喧嘩してたね
僕と厄介な彼女の事を指して
りぃ~子は言うのです。

僕も続けます。
「あんたたち、三人 純情商店街ば
我が庭のごつ 闊歩しょったね!」
【翻訳】
*高円寺の純情商店街を
私の街よ!と言わんばかりに
颯爽と歩いていたよね!
僕は、優しい声の人
厄介な彼女とりぃ~子の三人を
指して言ったのでした。

それから、
「マリリン・モンローのごつ
ぎゃ〜ん”して歩きよった!」
【翻訳】
*名を馳せたハリウッド女優
モンロー・ウォークばりに!
ぎゃ〜ん”とは…動作を交えた
熊本ならではの表現方法。

彼女は、思わず吹き出すのです。
僕たちの共通の話題 高円寺の南口にあったカラオケ店。
行きつけの『song for USA』を
思い出したからでした…続く。

🍅再会に感謝して
また、明日。

“男女7人高円寺 play back 5話「微笑みりぃ~子」” への2件の返信

  1. おはようございます(*^^*)私も港区三田に住んでいたことがありました。若かった頃の思い出はいつまでも心に残ります。私も一緒に過ごした友達に会いたくなりました。続きを楽しみに。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です