聞こえてますか? あなたに捧ぐ…。マーマレード/marmalade 1

聞こえてますか?
あなた、はいつも
出迎えてくれましたね。
家の窓から舟が
見えるものだから。
父が漁から帰って来る時。
僕が学校から帰って来る時。
それから、
送り出してもくれました。
中学を卒業し家を出た時。
上京する時。
そして、病院の踊り場でも…。
見えなくなるまで手を
振っていましたね。
小さな体から伸びた
その細い腕で…。
あなたらしい
その独創的な手の振り方で…。

あなたが好きだった
シルヴィ・バルタンを
聴きながら車を走らせます。

療養を送る市内の病院まで
戸馳大橋を車で渡たり1時間30分。
熊本の空は、
ビルに切り取られた
東京のそれよりも広いから
帯山方面に建つ
電波塔がよく見えます。
山を越えたら
それを目指して車を走らせます。
不安な夜を過ごすあなたは、
僕と同じものを
その窓から見ていたんだと
今も思っています…。

🎵
遠い夏の日 君は風を集めて
海を渡る人
いつも 見つめていたね
茜色の空
時を止めたのは 何故

君はマーマレード
オレンジ色の想いで
瞳を閉じたらいつも
君に会える
夏が終わる 八月の夕日
馴染んでた君
僕はいつ いつまでも
忘れない

2014年12月17日
あれから、四年の今日に…。
あなたに感謝して
また、明日。

🌙マーマレード/marmalade 2

聞こえてますか?
子供には分かりませんでした。
何で、牛乳を飲まなくては
ならないのか。
どうして、野菜を勧めるのか。
何ゆえ、我が家の献立は
骨があって食べにくい
魚が多いのか。
どうして、何で?

1、家庭の事情
2、魚はタダ
3、父の好み

本当は、ハンバーグが
食べたかった…。
🎵
街を離れて過ぎた 季節の中で
変わらないものは 君の温かい心
「お腹空いてない?」
電話の向こうの 声

君はマーマレード
オレンジ色の想いで
瞳を閉じたら
いつも 君に会える
輝いてた 飾らない笑顔
心の中に 君が
いついつまでも いるから
歌詞 マーマレードより

おふくろに感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です