聞こえてますか? 畦道とハイヒール総集編 7 「追憶」episode12

 

聞こえてますか?
昨日の続き…。
去来する堂々巡りの感情は、
後悔と云う大きな波となって
押し寄せて来ます。
それでも僕は、抗い 溺れながらも
却ってくる筈のない
答えのようなものを
今も探しています。

あなたにまつわるエトセトラ。
仲が良かった四姉妹。
家族みんなで行った
海水浴での一齣…。
何故かあなたはカレーを
拵えて海に出向いたそうですね。
きっと張り切ったんでしよう。
タッパーにまとめたそれを
皆に振る舞います。
だけれど
それを食べた者たちは、
軒並みお腹を
壊していったそうですね。
夏の日射しと温度を
読み間違えたあなた。
海水浴も台無しです。
以前 日記にも触れた
我が家のカレーが
缶詰だったこともこれで頷けます。

こんなこともありました。
島での暮らしも板につき始めた頃。
僕も二桁の年齢に達していました。
漁に出た父を待ち岸壁に佇むあなた。
一見美しい光景に見えるけれど
本当に待っていたのは、
父ではありませんでしたね。
彼が獲ってくる渡り蟹が、
お目当てでありました。
湯がくだけのシンプルな
料理方法で食べるそれに
あなたは目がありません。
とくに卵を持つ牝の渡り蟹が
好物でした。
「あたしは、これさえあれば
なぁ〜んもいらん」
【翻訳】
「私は渡り蟹が一番好き」
実に見事な食べっぷり。
綺麗にペロリと平らげます。

順応する天才。
その食に対する飽くなき
探究心だけは、なんちゃって
漁師の女房の名に恥じぬ
ものでありました…続く。

あなたの青春時代に感謝して
また、明日。

いつか 帰る いつでも 会える
時は流れていたのに

君はマーマレード
オレンジ色の想いで
瞳を閉じたらいつも 君に逢える
僕の声を 届けて君の空
あの風にのせて ありがとう
マーマレード…
〜マーマレード/marmaladeより

家族に感謝して
また、明日。

“聞こえてますか? 畦道とハイヒール総集編 7 「追憶」episode12” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です