汚れなき愛を信じて 総集編 playback…2

🌿一章/4話「クリームシチュー」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
連絡先を交換してから
お互いの家を行き来する
ようになるまでに、そう
時間はいりませんでした。

聖蹟桜ヶ丘駅近くのスーパーで
買い出ししたものを
彼女は、その屋根裏のある
狭いアパートの台所で
捌いています。
僕は、ベランダの窓をあけました。
クリームシチューの匂いが
外にまで香って来ています。
僕は、先ほど通って来た
畑を眺めながら
缶ビールのプルリングに
指をかけました。
彼女も一杯やっているようです。

この百草高台にも
既に夜の帳が下りはじめ
都市部より気温が
一度二度低いこの街の風は、
少し冷んやりとしていました。

彼女が作る料理は、
とても美味しく
リクエストに応えてくれた
ほうれん草入り
クリームシチューは、
絶品でありました。
彼女の料理を食べながら
僕らは、はじまったばかりの
二人の会話を愉しみます…。

最初の待ち合わせ場所は、
錦糸町駅前にある
丸井のデパート前でした。
夜も深い時間だけあって
車の往来も疎らな京葉通りは、
容易に駐停車出来る空き具合でした。
だけれど、彼女はもう既に
来ているようです。
スラリと伸びたその長身は、
夜にだって目立ってしまいます。

それから僕らは、
おそらく東京で一番
綺麗な夜景が見える場所へと
車を走らせるのでした…続く。

そこから見えるものに感謝して
また、明日。

🌿一章/5話「屋根裏部屋」前編

聞こえてますか?
彼女が聞きました。
「私に出来ることは?」
屋根裏部屋は、煙草の煙で
少し霞んでいました。
空中に浮かぶその煙の輪を
僕は目だけで追っています。
シーツに包まった彼女は、
その答えを
待っているようでした。
僕は起き上がり
その部屋に一つだけ設けられた
小さな円窓を開けます。
そして僕は被りを振りました。

窓から零れた光が、
この部屋の埃を際立たせ
その柔らかい風は、
楕円状の煙を揺らしています。
「側にいるだけでいい」と
僕は横になりながら
想いを声にしてみました。
今度は、彼女が起きあがり
煙草の火を消す番になりました。
その答えに満足出来ない彼女は、
また僕の腕に素早く滑り込み
話を繋ぎます。

僕は、歌でも
聴いている気持ちで
その声に耳を傾けました。
それは、とても心地よく響き
僕の心にゆっくりと
降りて来るのでした。
夜明けが、
この屋根裏部屋にも
初夏の風を運んでくれています。
そして僕はまた、何本目かの
煙草に火を点けるのでした…続く。

その光に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です