汚れなき愛を信じて 総集編 playback…4

🌱二章/10話「大人の女性」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
一世を風靡したドラマ
北の国からの登場人物
純の台詞を借りるなら
「僕は、ドキドキしていた…」
でありました。

田舎者のコンプレッスから
来るモノなのか
カルチャーショックとは
よく言ったものでありまして
僕は完全に彼女に
遅れをとるのでした。
東京育ちの彼女には、
普通のこと
だったのかも知れません。
だけれど、
上京して日の浅い僕にとって
敷居が余りにも高く
場違いであり
引け目を感じるのも
無理のないことでした。

彼女は、そんな僕を見て
気遣うように言いました。
「そんな事は気にしないで
一緒にいる理由は
他にあるのだから…」
彼女が大人の女性に
思えた瞬間でした…続く。

その言葉に感謝して
また、明日。

🌱二章/11話「歌の糸」

聞こえてますか?
彼女は、
ひとりでいる時などに
僕のLIVEビデオを
好んで鑑賞しているようでした。
プリンス・マンションに
遊びに行くと当時VHSと
呼ばれたビデオテープが、
マグネット付きテレビ台の
箱の中でその置き場を変えながら
所狭しと占拠していました。

出会ったばかりの頃は、
米米クラブのそれらが
あった筈なのに
今は後ろに
追いやられているようです。
彼女に限って言えば
カールスモーキー石井に
今のところ
勝っているようであります。
言わずもがな
それは、とても嬉しいことでした。

甲斐性もなく
根拠のない自信しか
持ち合わせていない男と
その声が好きだという女を
繋ぐものがあるとするならば
それは『歌の糸』に
違いないのでした…続く。

繋ぐものに感謝して
また、明日。

🌱二章/12話「過去」

聞こえてますか?
ひとり暮らしをする前の彼女は、
母親と年子の妹
三人での生活を送っていました。
東京は江東区にある
大島の街で育った話を
僕によく聞かせてくれました。
家族のこと、友達のこと、
時には聞きたくもない情報まで…。
恋をすると女の子は、
いつだってお喋りになるようです。
その点に限って言えば
彼女も年頃の女性たちと
そう変わりはないのでしょう…。

僕は、彼女がする家族の話が
好きでした。
女手ひとつで育ててくれた
お母さんを
彼女はとても大事にしていたし
同じく一つ違いの妹を可愛がり
大の仲良しでありました。
でも、父親の話は
したがりませんでした。
僕もそれにさわることを
しなかったし
聞くつもりもありませんでした。

だけれど、彼女は一度だけ
それに触れたことがあります。
咳を切ったように
話しだしたそれは、
今よりずっと先のことでした…続く。

彼女の家族に感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です