汚れなき愛を信じて 総集編 playback…7 二章/19話「男と女」前編

 

聞こえてますか?
昨日の続き…。
哀しい予感は、
いつだって現実となって
やって来る。
いつか彼女を失う…。
僕は、そう
感じはじめていました。

女という生き物は、
どうして昔の話を
したがるのでしょう。
その目で、伺い盗むように…。
まるで、愉しむかのように…。
男の様子を確認したがるのは
何故でしょう。
時には、
値踏みをするように…。
そして、
不安を鎮めるかのように…。

僕にしてみたら、前のことなど
関係のないことなのに。
それは、繰り返えされる踏み絵
のように続きます。
黙って聞いているのが一番です。
地雷は、何処に転がっているか
分かりません。
だから僕は、
決してその手には乗らないのです。
それよりも
これからのことが大事でした。

彼女の周りには、
世にいうジェントルマン
富と名声を持った男たちが
取り巻いていました。
様々なカタチで
落としにかかって来る
いわば敵であります。
心配でない訳がありません。
それを聞かされる僕は、
たまったものでは
なかったのです。
そのボディーブローのように
繰り返えされる
彼女の男たちの話は、
後に堪えるものでした…続く。

今日に感謝して
また、明日。

🌱二章/20話「男と女」中編

聞こえてますか?
何より彼女の理想の男性は、
ガッチリとした男らしい人…
大のプロレスファンで
あるのでした。
「三沢チョプ」などと言いながら
ふざけて来ます。❓であります。
「アハハ」と笑う他ありません。
知らないのです。プロレスを
観て来なかったのです。
彼女が言いました。
「三沢光晴が私のタイプ!」
ダウンです。
相手はタイガーマスクです。
伊達直人であります。
敵う相手ではありません。
僕とはあまりにも真逆。
よくもまあ いけしゃあしゃあと
そんな事が言えたものであります。

哀しい予感は、いつも隣合わせ。
余裕を持たない心は、
焦りを生んでしまいます。
それは彼女にと言うよりも
自分に問いかけた時に
来るものに似ていました。
「お前は何者?」
僕は、いつもその厚い壁の前で
それを突きつけられ膝を屈します。
だけどね!…。
その先が言えない自分に
苛立ちを覚えるのでした…続く。

その壁に感謝して
また、明日。

🌱二章/21話「男と女」後編

聞こえてますか?
男という生きものは、
どうして物事を
難しく考えたがるのでしょう。
段取りを愉しむように…。
集中力を試すかのように…。
女に頼られたいと望むのは
何故なのでしょう。
強くありたいと願うように…。
母親の愛を求めるかのように…。

彼女にしたら
大事なことはもっと別の場所
にあるようでした。
それは会話の端々に…
ふとした仕草の中に…
その眼差しに…
隠されているのかも知れません。

女は、必ずシグナルを送り
証拠としてそれを
何処か別の場所に残すようです。
男は、いつもそれを見逃し
後になって
まるで刑事のように
原因究明にあたるようです。

哀しい予感は、いつも隣合わせ。
もしかしたら、
彼女も僕と同じくらいの
質と量を含んだ不安を
感じていたのかも知れません。
そんな僕らの最初の夏は、
ほんの些細な喧嘩から
はじまってしまうのでした…続く。

あの頃に感謝して
また、明日。

 

“汚れなき愛を信じて 総集編 playback…7 二章/19話「男と女」前編” への2件の返信

  1. おはようございます(*^^*)男と女喧嘩というのは些細なことから始まりまりますね。どんな喧嘩になってしまうのでしょう

    1. コメントありがとうございます。
      とても、嬉しいです。

      若い時には、物事を素通りさせる
      術も余裕もなかったように
      思ったりしています。

      だけど、それだけ敏感だった…。
      今はどうなのだろう、、、
      そんなことを思いながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です