汚れなき愛を信じて 総集編 playback…8

☘️三章/22話「嵐の前」前編

聞こえてますか?
昨日の続き…。
哀しい予感は、いつも隣合わせ。
もしかしたら、
彼女も僕と同じくらいの
質と量を含んだ不安を
感じてたのかも知れません。
そんな僕らの最初の夏は、
ほんの些細な喧嘩から
はじまってしまうのでした。

午前2時30分。
真夜中の首都高速。
東京には珍しい
透明な夜空が澄み渡り
摩天楼を凌駕するかの如く
零れ落ちそうな銀色の星屑が
新宿の高層ビルを
呑み込もうとしていました。

彼女は、自分のしていることが
分かっているのでしょうか…。
これから起こる出来事を
想像すらしないのでしょうか。
彼女は、躊躇いもせずに
走行する車のドアを開けました…。

午前〇時。
船堀から百草高台に
遊びに来ていた彼女は、
珍しく酔っていました。
先に潰れてしまう僕を気遣い
見守り役に鐡する筈の
彼女の姿は
この日ありませんでした。
以前にも見た
悲しみのようなもを
その目一杯にためて
僕を見ています。
でもそれは、いつもとは違う
種類のものでした。

その瞳に浮かぶものは、
色と濃度を増し
何をするかわからない
危うさを秘めていたのでした…続く。

あの夜空に感謝して
また、明日。

☘️三章/23話「嵐の前」中編

聞こえてますか?
午前1時30分。
百草高台の駐車場から
いつもの坂道を下り
聖蹟桜ヶ丘の大通りから
南西にのびる幹線道路
野猿街道を進みます。
僕らは、無言のまま
ただひたすら
中央道の府中入り口を
目指していました。

何に怒っているのか
僕にはさっぱりわかりません。
でもやっぱり、何かの
地雷みたいなものを踏んだのは
間違いないようです。
黙ってはいるものの
彼女は、その怒りをためて
爆発の時を待っている
かのようでした。

思いあたるとすれば、
百草高台の屋根裏部屋…。
いつもとは違う
酒の酔い方であった彼女との会話。
良かれと思って言ったひとこと。
その時に僕は、
彼女が本来隠し持つ
戦闘というスイッチを
押させたのかも知れません…。

そんな時の彼女は、
とても意地悪になってしまいます。
敢えて僕が聞きたくもない
話をしだすのです。
馬鹿でした…。
その手に乗ってしまったのです。
僕も焼けになって
昔の話を持ち出すのでした。

過去のことなど
関係のないことなのに…。
言わせたのは彼女の方でした…。
「帰る」それ以上彼女は、
何も言いませんでした…続く。

あの頃に感謝して
また、明日。

☘️三章/24話「嵐の前」後編

聞こえてますか?
午前2時00時。
それは、いつもと変わらない
彼女を送る
船堀までのコースでした。
違うのは彼女でした。
荒井由実の♪中央フリーウェイ
でも知られる府中競馬場。
その側を通っても
彼女は俯いたまま無言を
貫いています。

草臥れた中古車は、
無理をしたエンジンの音だけを
この車内に響かせています。
嫌な予感がしました。
哀しいことにそれは、
僕の予想を裏切ってはくれません。

中央道を抜けた辺りから
僕らの激しい口喧嘩が、
始まりました。
永福町の頭上を走る首都高速。
草臥れた中古車は、
時速80キロのスピードで
駆け抜けていました…続く。

想いでに感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です