汚れなき愛を信じて 総集編 playback…11

☘️三章/31話
「You’re My Only Shinin’Star」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
彼女が選んだ楽曲は、
中山美穂が歌う
♪You’re My Only Shinin’Star
でした。

彼女は、その歌詞の意味を
ちゃんと噛み締めて
歌っているのでしょうか…。
茶目っ気たっぷりで歌う仕草は、
やはり生まれながらの女優と
いう他ありません。

歌いだしは、探りながら…。
声が出ているのか
出ていないのか
メロディーの高いところは
その持ち味たる表情ひとつで
乗りこえております。
許していいものか…。

だけれど、既に呼び出され
来ている時点で
勝敗は明らかです。
その楽曲が繰り出す旋律のように
僕は、彼女に完全に
呑み込まれているのでした。

前に出ようとは
しないタイプの彼女。
どこか自信なさげで
儚くもあるそれは、
♪雨音はショパンの調べ
でも有名な女優
小林麻美のそれと似ていました。
僕と二コしか違わない
年上の彼女は、溶錬な色気を
その表情に滲ませています。
彼女の歌声と表情は、
あの高速道路での夜を
忘れさせるに充分なものでした。
僕は、そんな彼女を見つめる他に
術がなかったのです…続く。

月が波間に 浮かぶと
あたたかい夜が 忍んでくる
沈む夕闇に瞳 わざと
そらしたまま打ち明けた
星と同じ数の 巡り会いの中で
気がつけば あなたがいたの

You’re My Only Shinin’Star
ずっと今まで困らせてごめんね
大切なもの それはあなたよ
いつまでも側にいてI love you
歌詞 1coachより〜
You’re My Only Shinin’Star

その詩に感謝して
また、明日。

☘️三章/32話「アン・バランス」

聞こえてますか?
男と女の関係に限って云えば、
天秤の道具などでは
到底測りきれはしない。
数値など無意味だ。
男と女においては、
均等などあり得ない。
一方の重さと
もう片方の重みは、
けっして比例したりはしない。
電話をする方とそれを待つ方。
先を歩く者と後に続く者。
物事を決定を下す側と従う側。

主導権を握る者の特権は、
駆け引きを愉しむこと….。
もやはそれは、カジノで
差し出される負けの無い
プラスチック製チップの
やり取りのようだ。

その手に
首根っこを掴まれた側は、
この身と心を担保に
負けと知りながら賭け続ける。
息を止めてしまうまで…。

そんな『アン・バランス』な
物事に立たされた時の僕は、
縋るような気持ちで
あの頃に逃げ込むしか
なかったのです…。

誰とも話したがらなかった
幼少時代のあの日…。
以前この日記でも述べた
決して裏切ることのない
唯一無二の存在
シェパード犬の大五郎。
言葉のない世界で
分かり合えたひと以外の友。
そんな勝手病なる
得体の知れないそれは、
様々なカタチで僕を救い
苦しめもするのでした…続く。

小さな救いに感謝して
また、明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です