聞こえてますか? 畦道とハイヒール 総集編 6 「駆け落ち」episode11

 

聞こえてますか?
昨日の続き…。
確かにあなたは、
こうと決めると梃子でも
動かない節があり
怒ると手がつけられない
雷のような
ひとでもありました。

中学生のあなたは、
何を間違えたか
堅気とは縁遠い男と恋に落ち
卒業を待たずして駆け落ちを断行
全国を転々渡り歩く…
などと冗談まじりに
話していましたね。

80年代にお茶の間を
席巻した大映ドラマ
赤いシリーズでも扱わない
コッテコテのその逸話も
満更 嘘ではないようです。
おばあちゃん つまりは、
あなたのお母さんが
その時のことを語ってくれました。

当時不良だった父を
よく思っていなかったこと。
決死の想いであなたが
プロポーズされたこと。
それでも追われるような形で
熊本の地を離れ知人の伝手を頼り
神奈川県に一時期
身を寄せていたこと。
そんな逃避行のさなか
僕が生まれたことも…。

言われてみれば、
東京の地下鉄を何故か懐かしく
思う事がありました。
トンネルの明かり取りに
設けられた蛍光灯。
車両の一番前で見ていた
疾走する白い光。
おぼろげな遠い記憶…。
若くして身ごもったあなたは、
どんな思いだったのだろう。
夢もあっただろうに…。
ちゃんと話して来なかった。
会える時に 会ってさえすれば…。

去来する堂々巡りの感情は、
後悔と云う大きな波となって
押し寄せて来ます。
それでも僕は、抗い 溺れながらも
却ってくる筈のない
答えのようなものを
今も探しています…続く。

歩いていこうよ この街を 街を
歩いていこうよ この道を 道を

愛され生を受けた証
生まれてきたのさ
脆く儚い心でも 愛が溢れてる

明日にマケナイテ
強く涙を噛みしめて
辛い時ほど微笑んで
生きていこう この街を
〜明日にマケナイテ1chorusより

産んでくれたことに感謝して
また、明日。

聞こえてますか? 畦道とハイヒール総集編 5「誕生」episode9

聞こえてますか?
昨日の続き…。
2014年12月。
あなたを失いアルバムを整理します。
白いパンタロンに
風になびくことのない金色の髪の毛。
赤いハイヒールを履いた
あなたから少し離れた
五歳の僕を見つけました。

2017年 東京。
あなたを失って三年が経とうと
しています。
若い頃のあなたは、
どんなひとだったのだろう。
青春時代を紐解きます。

since1948〜2014。
世の中は高度経済成長に沸き
男性はリーゼント
女性はロングスカートと云った
ニュールックが流行し
岡晴夫の「憧れのハワイ航路」
笠置シズ子の「東京ブギウギ」
などの歌謡曲がヒットを
飛ばした時代でもありました。

肥後ノ国 八代。
そんな昭和の彩りの中
四姉妹の次女として
稲穂香る収穫の季節に
あなたは誕生しました。
熊本県 第二の都市八代の街は、
日本三大急流のひとつ
球磨川が分流する
三角地帯北部に位置していました。
豊富な水に恵まれていたことから
い草の生産に栄え、且つ
その水の流れの先には
不知火海があり
太刀魚の漁場としても
名を馳せる立地の良い
港町でもありました。

四姉妹の中でも一番小柄で
控えめな子だったと云うあなた。
だけれど、目には見えない
強靭な個性と頑固さを
持ったひとだったと
あなたの一つ違いの妹チコちゃんが
語ってくれました。

👠「姉妹」episode10

聞こえてますか?
こうも続けてくれました。
よくある姉妹ならではの口喧嘩。
電話でちょっとした口論から
はじまったそうでね。
つい姉であることを忘れ
棘のある物言いになってしまった
妹のチコちゃん。
あなたは、 プツンと
切れてしまったそうですね。
「おっとろし~なんねーあんた !
うちは あんたのねーちゃんばい!
そん 口いん 聞き方は 何ねー!
ちぃ~と敬語で喋りなっせ!」
【通訳】
おっとろし~とは、
熊本地方特有の怒った時の口癖
又は威嚇 喧嘩前の狼煙のようなもの
以下割愛↓
「私はあなたの姉なのよ
その口の聞き方は何なの
もう少し姉を敬いなさい」
そう言い終わった後
凄い剣幕で電話を
叩き切られたそうです。
その時のことを
笑いながら話してくれました。

確かにあなたは、
こうと決めると梃子でも
動かない節があり
怒ると手がつけられない
雷のような
ひとでもありました…続く。

あなたの誕生に感謝して
また、明日。

for you…summer 27話「夏の虫」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
眠りから目覚めて
一番に想い浮かぶ顔は
その人にとって
一番大切なひと…。
それは下馬散歩のはじまりから
より強く僕の心を
支配してゆくのでした。

夏の虫たちは、
まるで疲れを知らないように
午後の日差しが傾いても
喧しく鳴いていました。
二階にある寝室から
リビングに降りて
テレビのリモコンを探します。
それから、冷蔵庫の中の
ミネラルウォーターを取り出し
庭に面した窓を開けました。
点けっぱなしにした
テレビの音と夏を象徴とする
その鳴き声は、
ステレオタイプとなって
この川辺の家に響き渡りました。
起き抜けの僕には騒音以外の
何ものでもありません。

眠りから目覚めて
一番に想い浮かぶ顔は
その人にとって一番大切なひと…。

庭の乾き切った土を眺めながら
ミネラルを飲み干しました。
花に水をやらなきゃと
ぼんやり思いながらも
目覚めたばかりの意識は
彼女だけの物になっています。

あれから、Mと会えない
日が続いていました。
時間が合わなかったり、
リハーサル終わりメンバーと
飲みに行っても休みだったり…。
昨日、思い切って彼女の家に
電話をしてみたけれど
案の定 留守でした。

「避けられてるのかな…」
テレビの音と虫の声は、
そんな意識の中で薄れて行き
やがてそれは
弱くなってゆくのでした…続く。

夏の声に感謝して
また、明日。

for you…summer 24話「そして、あの人…」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
そして、今日も僕は草臥れた
中古車を走らせるのです。
海岸通りから、お台場の
レインボーブリッジを渡り一路
Mのいる街を目指して…。

夏の陽気であっても
23時を回る夜の散歩は、
涼しくて気持ちの
良いものでありました。
今宵は、道草に
世田谷公園を歩きます。
水飲み場の前に設けられた
木製のガーデニングチェアー。
バイト疲れを癒すように
腰を下ろしたMに
僕は小さな喜びを感じました。

夏の月は蒼く、この公園を
優しく照らしています。
彼女が退屈しないように
僕は話を繋ぐのです。
彼女がそのベンチから
立ってしまわないように…。
Mは、その顔に屈託のない
笑顔を浮かべて
聞いてくれています。

今度はMの番です。
彼女は、ある思い出話を
してくれました。
付き合っていた年上の彼…。
「あの人」とも口にしていた
終わってしまった恋の話。
彼女は少しだけ
その視線を下ろし…
そしてまた、いつもの笑顔で
僕の髪を揶揄いました。
「そんな髪の人とは絶対無理」
それから続けて
「その格好何とかならないの?」
と言いながら笑っています。
僕もつられて笑うのです。
束の間の幸せを
感じた瞬間でした。
それは、 はじめて見る
Mの素顔であったから…。

帰り際の彼女は、
愛嬌を滲ませたその笑顔に
たっぷりと皮肉を込めて
「今度は、髪を洗って来てね」
と言いました。僕は身振りで
「揉み洗いするよ」 と答え
その手でバイバイの
形を作りました。
Mは今一度振り返り
笑顔を向けた後
立派な家の門を閉じました。

さっきより傾いた月は、
その色彩を銀色に変えて
西の彼方に浮かんでいました。
Mの素顔…悲しげな眼差し…。
見上げたそれに彼女を重ねて
「あの人…」と呟きました。
これより先にそれは、
僕を苦しめることになります。
それを知るにはもう少し
時を待たなくてはなりません。
月のひかりは、まだ
僕の帰り道を優しく
照らしているのでした…続く。

月のひかりに感謝して
また、明日。

for you…rain season 15話「センスマン」

聞こえてますか?
昨日の続き…。
店の階段を降りれば、
この大人の街 三宿にも
雨の匂いを含んだ
風が吹いていました。
それは、夏を迎えるための
長い梅雨前線の
到来でありました。

「ナンパしたことないの?」
もう一人の踊り子
2ブロックちょんまげ頭が
口火を切りました。
このepisodeには、
育って来た環境
また風土の違いを語って
置かなければなりません。
少しばかりMの話からは反れ
肥後もっこすの話に
お付き合い願います…。

昭和61年 熊本城下町。
熊本市内に進学した
男子学生達を
大きく二つに分けると
こうなります。
肥後五十二万石 加藤清正 創建
熊本城が見える距離で育った
市内弁を使う山の手の方々を
「センスマン」と云い
もう一方、城下には程遠い
山岳部 海岸地帯から
汽車やバス 渡し船など
あらゆる交通手段を使って
通う者を「ヤンキー」などと
呼んでいました。

この両者、髪型も違えば
ファッションも異なり…
何より言語が違うのです。
同じ熊本地方にあって
言語が違う?と
お思いでしょうが
それは、多感な男たちの
棲み分け手段としても
顕著に現れます。

⚠️(センスマンが使う言葉)
「〜だっちかっ」
【翻訳】
「だけど」を
山の手のセンスマンは、
「ばってん」を使わずに
高等なスタッカートを利かせて
だっちかっ”と表現して
見せます。市内弁(センスマン)の
特徴のひとつであります。

そして、
マッシュルームのような
髪型をした彼らの
十八番と云えば
ナンパでありました。
熊本最大の歓楽街
裏(うら)上通り裏(うら)下通りで
揃えたブランドの服を着こなし
そのさらさらとした
前髪をなびかせて
さりげなく
異性の懐深く入り込む
人種なのでありました…続く。

高校時代に感謝して
また、明日。

汚れなき愛を信じて 49話 「解離」中編

聞こえてますか?
昨日の続き…。
その虚ろな瞳は 、
何をしでかすか分からない
鋭さを隠し持っていて
また同じ分量の悲しみを
混ぜてもいました。
ジキルとハイドは、
誰の心にも存在する。

ジキルとハイドとは…。
ジキルが薬を飲む事によって
性格や容貌までもハイドと云う
人物に変化して行く
二重人格を題材にした
代表的な小説。

悲しい予感は、
何故に形となって
現れるのでしょう。
彼女は、酒に酔ってはいても
限りなく素面でした。
変身しているのは、
むしろ僕の方だったのかも
知れません。

彼女は、はじめて
父親の話に触れました。
咳を切ったように
喋りだしたそれは、
とても切ないものでした。
その瞳に浮かべたものは、
「憎悪」それ以外の何ものでも
なかったのです。

僕は気付いていました。
彼女が求めていたものを…。
そしてそれが、
僕にはどうすることも
出来ないということも…。
分かっていました。
父親の代わりなど
務まる筈の無いことを…。
優しくなろうとすれば
余計に反撥する彼女でしたから…。
それを欲している
彼女の悲しい瞳を
僕はいつの日からか
感じていました。
分かっていたのです。
到底僕なんか
遠く及ばないと云うことも…。
だけどこの関係を
壊したくは無かったし
何より彼女を独りには出来ない…。
だから…僕はっ!

彼女の想いと、その願いを
受け止める事さえ出来ない
僕は無力でした…。

時計の針は朝の5時を指しました。
互いに疲れ果て
罵る言葉にも尽きた頃
彼女は突発的な
最後の行動に出ました。
外に飛び出した
彼女を追いかける僕は、
完全に理性を失って
しまうのでした…続く。

汚れなきものに感謝して
また、明日。